top of page

AIMオンデマンドバス視察

5月25日

宇美町(福岡市の東南東にある町)へ、​AIオンデマンドバス「のるーと」を視察した。

乗りたい時に、アプリで呼べる

新しい「バス」!

出発地と目的地を入力して、

ミーティングポイント

(乗り場)へ行くだけ!

従来のバスのように時刻表や決まった運行ルートがなく、AIが予約状況に応じて運行ルートを考えながら走る乗合バスです。

AIがその時々に応じて計算した様々なルートで、誰かを乗せたり降ろしたりしながら、目的地へと進みます。

予約して何分後にバスが来るのかもわかり、また、いまどこを走ってるのかもアプリで見ることができます。

基本的に150メートル区間にバス停があり、乗車率もアップ。

お年寄りの方にインタビューしたところ、私は電話で予約するけど、便利だし助かってるわと言う。

阿南市も空気を運ぶバスに税金を投入し続けるだけではなく、利便性を向上させ、かつ、乗車率をアップする取り組みを早急にすべき。

いまだに改善されない。

阿南市の場合、1億の補助金を出しているが、空気を運ぶバス。

宇美町は朝夕はバスが走り、のるーとは、8時30分から18時30分までの運行ど、バス停からバス停までの運行だが、北方市はドアツードアの運行をしている。

阿南市もスピード感を持って頑張って貰いたい。



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page