top of page

3月議会閉会

3月25日(月)

 3月議会が閉会しました。


写真の施設は、私が通っていた椿保育所であり、新しく保育所を設置してから、平成7年までは、椿町老人憩いの家として利用されていました。


しかし、今度は、公民館に老人憩いの部屋が設置されてからは管理もされず、地域の神社の横に立地しながら廃墟となっていた施設。


議会で何回も解体すべく質問しましたが、一向に解体が進まなかった4年間でした。


(将来的には椿消防分団が移転する予定としています)


椿地区には消防分団が4班ありますが、いずれも津波が来ると、津波の影響をうける可能性があります。


地域は有事の際には、崖崩れなどで孤立するかもしれません。消防車両は、まさに地域を救う要の消防自動車といえるでしょう。


現状、その旧老人憩いの家は、危険廃屋でもあり、アスベスト問題も懸念されていました。

そもそも、建築基準法上も放置は問題の建物でした。


そういった想いを、岩佐市長さんにも相談し予算化が進みました。


速やかな、ご対応誠にありがとうございます。

解体後、分団の移転となるまでは、地域の避難所としても活用したいと思います。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

名張市 総務委員会視察

5月23日(木) 総務委員会視察(名張市) 「ゆめづくり地域予算制度」を制定して20年の名張市。伊勢神宮への参拝客の宿場町として栄えてきたそうだ。 🔳制度 この地域予算制度は、地域に予算を渡して地域「住民が自ら考え自ら行う」住民参加のもとに自立的、主体的な取り組みの機運を高め制度を創設している(基本額、コミュニティ活動費、特別交付金を積算して予算を地域に交付)。 地域にとって、地域で活用できる予

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page