top of page

見能林小学校体育館について

更新日:2022年10月10日

見能林小学校体育館について

保護者の方から体育館の雨漏りや、球切れもあり暗いとのご相談をいただきました。

早速、調査したところ必要照度300ルクスに対して150ルクスしかなく、2灯の球切れがありました。

漏水により雨が降ると電源がショートしてブレーカーが落ちることもあったようです。

そこで教育総務課に相談し協議を重ね まず体育館の雨漏り修理行いました。

次に切れている球を取り替えたの ですが、電気はつきませんでした。 配線の工事をしても照度が足りず暗いことには変わらず、また、配線のやりかえをするのは現実的ではありません。

担当課も非常に頑張ってくださり、かねてより検討していましたLED照明化につき、国からの予算が確保できそうだと昨日、担当課長から伺いました。

電灯の工事は授業もあり学校との調整になりますが、体育館が明るくなり子供たちの笑顔が見れそうで嬉しい限りです。

担当課長、課長補佐、担当職員さんに感謝です。ありがとうございました。


また、懸案であった津乃峰小学校の漏水も2021年11月予定通り完成となりました。






閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

名張市 総務委員会視察

5月23日(木) 総務委員会視察(名張市) 「ゆめづくり地域予算制度」を制定して20年の名張市。伊勢神宮への参拝客の宿場町として栄えてきたそうだ。 🔳制度 この地域予算制度は、地域に予算を渡して地域「住民が自ら考え自ら行う」住民参加のもとに自立的、主体的な取り組みの機運を高め制度を創設している(基本額、コミュニティ活動費、特別交付金を積算して予算を地域に交付)。 地域にとって、地域で活用できる予

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page