『看護の日」

更新日:2020年12月30日

〜看護の心をみんなのこころに〜

 新型コロナウイルス感染症の治療に当たる医師や看護師など医療従事者の皆様が、いま現在、最前線で未知のウイルスに立ち向かっています。  自らや家族の感染リスクを防ぎながら、大きなプレッシャーの中で皆様の大切な命を救うために献身的に頑張って下さっている医療従事者の方々や、支えるご家族の皆さまに感謝申し上げます。

 私たち一人ひとりができることを実践することにより、医療従事者の他にも、スーパーや物流、公共交通機関など、私たちの生活を支えて下さる方々の負担を軽くし、医療崩壊の防止や社会機能の維持に貢献しましょう。

私はたち一人ひとりができること不要不急の外出を控える 

ソーシャル・ディスタンシング ~他人 との距離を約2メートル保つ換気を良くする 手洗い、マスク等の基本的な予防対策を しっかりと行う 感染が起きやすい3密(密閉・密集・密接)を避ける 誤った偏見に基づく差別をしない私自身も入院したことがありますが、 苦しいときに看護師さんの看護と笑顔に救われたことを思い出します。

看護師の仕事は本当に大変だと思うし素晴らしい仕事だと思います。

心から敬意と感謝を申し上げます。ありがとうございます。


今日は、病院を訪ねてお話を少し聞かせていただいた。

コロナに対してリスクを考え医師、看護師、患者を守り 病院を守るために、受け入れ体制など、本当によく考えておられた。

流石だと感じたし、凛とした姿勢に安心感を感じた。

お話しを聞かせていただき、ありがとうございました。


《ナイチンゲール誓詞》 われは此処(ここ)に集いたる人々の前に厳(おごそ)かに神に誓わん われは此処(ここ)に集いたる人々の前に厳(おごそ)かに神に誓わん。 わが生涯を清く過ごし、わが任務(つとめ)を忠実に尽くさんことを わが生涯を清く過ごし、わが任務(つとめ)を忠実に尽くさんことを。 われは総(すべ)て毒あるもの、害あるものを絶(た)ち、悪しき薬を用いることなく われは総(すべ)て毒あるもの、害あるものを絶(た)ち、悪しき薬を用いること 又知りつつこれをすすめざるべし。 われはわが力の限りわが任務(つとめ)の標準(しるし)を高くせんことを努(つと)む われはわが力の限りわが任務(つとめ)の標準(しるし)を高くせんことを努(つ べし。 と)むべし。 わが任務(つとめ)にあたりて、取り扱えたる人々の私事(しじ)のすべて、わが知り わが任務(つとめ)にあたりて、取り扱えたる人々の私事(しじ)のすべて、わが得たる一家の内事(ないじ)のすべて、われは人に洩(も)らさざるべし 知り得たる一家の内事(ないじ)のすべて、われは人に洩(も)らさざるべし。 われは心より医師を助け、わが手に託されたる人々の幸のために身を捧(ささ)げん われは心より医師を助け、わが手に託されたる人々の幸のために身を捧(ささ)げん。

近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日に制定されました。1965年から、国際看護師協会(本部:ジュネーブ)は、この日を「国際看護師の日」に定めています。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示